一年間休止など考えられない

...「展示会場で技術に目を留めた人から『そういえば…』と相談されて仕事が始まる」と中野社長(66)は話す

中野科学(新潟県燕市)

ニッチ技術は対面でしか伝わらない

中野科学(新潟県燕市)が持つ「電界複合研磨」の技術は、金属の表面を分子レベルで凹凸を無くすことができる。世界でも珍しい技術を武器に社員30人
で年商5億円を稼いでいる。

ニッチな技術だからこそ、自らを必要とする顧客を探すのに苦労する。ホームページで情報を出すだけではたどり着けない。「『こんな技術あるかな』と探す人に向けて情報を発信するのがホームページ。展示会は『こんな技術あるんだ』という顧客と出会う場所。今、顧客となっている企業の中で、事前に当社の技術により課題を解決できることに気が付いていた人はほとんどいない。展示会場で技術に目を留めた人から「そういえば…」と相談されて仕事が始まる。だからこそ、技術の存在を知ってもらう展示会が重要」と中野信男社長は話す。

1、2年で取引が終了する期間的な取引が売り上げの3割を占める。そのため、常に新しい顧客を獲得しなければ規模縮小を免れない。展示会は年間売り上げ計画の新規開拓部分を担う、営業の要だ。2016年は4件の展示会に出展した。多い年は6件に出ることもある。

情報収集も展示会の重要な要素だ。競合他社が顧客と作り出した新しい技術が、市場のトレンドとなることもある。その場合、一瞬で追いつかなければ、契約を打ち切られる。

「こんな技術あるんだ」という発見を与えるところから営業が始まる

そんな技術がホームページに告知されることはなく、展示会が唯一の頼りだ。「新規開拓、情報収集どちらにおいても、一年間その機会が失われることなど考えられない」(中野社長)

この記事は「国際イベントニュース」より利用許諾を得ております。

日展協公式声明文 最新号(第5号)

声明文に賛同して
オンライン署名する

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

当サイトでのオンライン署名数
123,316
(12/12 22:59)

(リアルタイム更新)

日展協へ集約された署名総数
154,005
(12/6 17:00)

※当サイトの署名を合算した総数です。

2020年東京五輪 展示会場 問題 署名にご協力ください!
日展協・特設サイトで直接署名することもできます。

2020年署名用紙ダウンロード