2017/06/16

「展示会産業で働く人々の生活と雇用を守る会」が結成され、6/22(木)13:00新宿中央公園に集合して東京都庁周辺を1周するデモを行います。このデモ参加を広く呼びかけます。

理由】 

東京ビッグサイトが東京オリンピックのメディアセンターとして使用されることで20ヵ月制約を受け、展示会業界で働く人々の生活と雇用に甚大な悪影響を及ぼす恐れがあり、都議会議員選挙前にこれを訴えます。

実施内容

  • 日  時:平成29年6月22日(木) 13:00~14:00
  • 集合場所:新宿中央公園 水の広場 集合13:00(時間厳守)
  • 行進経路:上記を13:15出発~都庁を左回りで一周し14:00現地解散
  • 参加服装:私服にて

「展示会産業で働く人々の生活と雇用を守る会」
代表 下茂貴樹(しもたかき)

ここまでに至る経緯は、今年1月に日展協で集めた嘆願署名約8万件を東京都知事へ提出。その後署名は14万件を超えるも、小池都知事からの回答はないまま。東京都は4/26の説明会をもって問題を終了させる思惑でしたが、会場利用者からの厳しい質疑が相次ぎ説明会は時間切れ終了となりました。
同時期に幕張メッセや東京国際フォーラムも競技で使われ、代替会場もなく八方塞がりの5ヵ月間の完全閉鎖は展示会関係者にとって致命的な事態です。しかも私たちの陳情を受けた国会議員·都議会議員からの問い合わせに対する役人からの説明が「会場問題は解決済であり、現場(ビックサイト、日展協さん、その他関係者)もそれで納得している」というものでした。

さすがに、これを伝え聞いた展示会関係者は怒り心頭です。

今現在もビッグサイトを借りている立場の主催者には、強い圧力がかかって身動きが取れません。ここから先は、直接被害を受ける展示会支援企業が中心となり声を上げます。展示会会場および各ブースを設計施工する会社を中心に、電気工事、装飾、人材派遣、フード·ケータリングなどなど東京都下だけでも約1000社が被害を受けます。

【アンケート結果】

日展協公式声明文 最新号(第4号)

声明文に賛同して
オンライン署名する

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

当サイトでのオンライン署名数
119,327
(06/24 10:39)

(リアルタイム更新)

日展協へ集約された署名総数
147,990
(6/19 17:00)

※当サイトの署名を合算した総数です。

2020年東京五輪 展示会場 問題 署名にご協力ください!
日展協・特設サイトで直接署名することもできます。

2020年署名用紙ダウンロード