2017年1月26日

2020年オリンピック 展示会場問題について、展示会関連3団体が 記者会見を行いました

2019年、2020年の20か月間にわたり、東京ビッグサイトがオリンピックのメディアセンターとして使われるため、多くの展示会が縮小や中止になる問題について、日本展示会協会は解決を求める署名活動を行ってきました。

その署名81,143通を1月20日に東京都の小池都知事あてに提出。これを受け展示会業界紙、各産業の専門紙、国内外の一般メディアから「小池知事への要望内容を詳しく説明してほしい」「署名提出の際、東京都側からどんな返答があったのか知りたい」「記者会見を開いてほしい」との要望があり、展示会関連の3団体 (日本展示会協会、東京ディスプレイ協同組合、電設協議会) が、1月26日 (木) 東京のサンケイホールで合同の記者会見を行いました。

記者会見には国内外から110のメディアが出席。会見場は埋め尽くされました。当日中にWebメディアを中心に速報され、続々と報道されました。

日展協公式声明文 最新号(第5号)

声明文に賛同して
オンライン署名する

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

当サイトでのオンライン署名数
123,316
(12/12 22:56)

(リアルタイム更新)

日展協へ集約された署名総数
154,005
(12/6 17:00)

※当サイトの署名を合算した総数です。

2020年東京五輪 展示会場 問題 署名にご協力ください!
日展協・特設サイトで直接署名することもできます。

2020年署名用紙ダウンロード