ライブ会場が不足する2016年問題は、2019-2020年会場問題に続く

「ライブ会場が不足する2016年問題」がすでに発生しています。これは中規模以上のイベント会場が根本的に不足している証です。例えば幕張メッセでは、展示会や音楽ライブなど各種イベントが開催されているわけですから、ライブ会場問題は同じ会場問題としてつながっています。会場が増えなければ、時間が経過しただけで問題の解決になっていません。2019-2020年には音楽関係者の方々は再び、苦しまれると想像できます。オリンピックで「さいたまスーパーアリーナ」がバスケット会場となることも決定しています。音楽関係者の方々も、ぜひ日展協の署名活動にご賛同のうえ署名の輪を広げてください。

日展協公式声明文 第3号

声明文に賛同して
オンライン署名する

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

当サイトでのオンライン署名数
117,263
(04/25 21:09)

(リアルタイム更新)

日展協へ集約された署名総数
145,950
(4/25 17:00)

※当サイトの署名を合算した総数です。

2020年東京五輪 展示会場 問題 署名にご協力ください!
日展協・特設サイトで直接署名することもできます。

2020年署名用紙ダウンロード